外壁のリフォーム種類は大きくわけて「塗装」か「取替え」になります。
どのような外壁材でも表面を塗料の塗膜で守られていていますが、
一定期間を過ぎると劣化が始まるため、「塗装」が必要になります。
「取替え」は外壁の場合「張替え」と呼ばれ、既存のモノを撤去して新しく施工することです。
ちなみにタイル外壁は、割れたり欠落しない限り「塗装」も「取替え」も不要とされています。
その他の材質のモノでも同様に不要であったり、長期的な耐久性が保証されている
モノもありますが、通常は10年~20年で「塗装」し、それを2~3回繰り返してから「取替え」となります。

塗装の場合

張替えの場合

外壁は屋根と同じく赤外線や雨風などの自然環境にさらされている為、
住宅の中でも比較的劣化しやすい箇所です。
定期的にメンテナンスをすることで大切なお家を長持ちさせることができます。


外壁が劣化してくると、手が白くなる・ひびが入っている・剥れがある・コーキングが切れているなどの症状がおこります。 この状態になると家の中に雨水が侵入して雨漏れの原因になることがあります。 こういった症状を抑えるために塗替えをします。塗替えをすることにより表面に塗膜を張り、防水性能を高めるだけでなく外観を美しく保ちます。


サイディングとは、お客様のご希望にあわせて外観の表情を生み出す人気の外壁材です。外壁材は、厳しい自然環境から住まいを守るのと同時に、建物の寿命にも関わり、また、外観のイメージを左右する重要な建材です。一戸建てに用いられる主な外壁材には様々ありますが中でも商品バリエーションが豊富で施工性が高いサイディングは人気です。
それぞれの特徴を理解して、住まいのイメージにあう外壁材をコーディネートすることが重要です。
サイディングには、構成される建材によって、窯業系、金属系、木質系等に分けることができます。それぞれ個々の特徴を持っていますので、お住まいに合うサイディングを探してみて下さい。


パワーボードは、「耐久性」「耐熱性」「防火性」「防災性」「遮音性」「環境共生」に優れた震災や火事などに強い家造りを目指し開発された新しい素材です。
当社は関西で唯一の旭化成建材(株)特約トップディーラーとしてパワーボードの施工を行っております。