窓リフォーム(断熱)

窓は熱が一番出入りしやすい場所。だから窓の断熱が大切なのです。

単板ガラスとアルミサッシの窓の場合、冬は52%もの熱が逃げ出し、
夏は74%もの熱が入り込んでいます。

暖房が効きにくい」「冷房にしてもなかなか冷えない」といったお悩みの原因の多くは、窓の断熱性の悪さにあると考えられます。
窓を断熱するだけで、家全体のエコと快適につながるのです。

窓の断熱化で、体感温度も光熱費も改善。

暮らしにおいて、室温と同じくらい重要なのが、周囲の壁や天井、窓などの温度。
この周囲のものの温度と室温の平均値が、人が実際に感じる体感温度となるからです。
特に窓は、外の冷気に触れて冷えやすいため、室温が高くても、窓の冷えによって体の表面から熱が奪われて寒く感じてしまうのです。
窓を断熱化することで、快適な室温で暮らせるようになり、冷暖房が効きやすいため光熱費も節約できます。
弊社では各メーカーの窓リフォームが施工可能です。(YKK・LIXIL)

インプラスの特徴との減税対策

樹脂製サッシと空気層で暖冷房効率アップ!

インプラスは樹脂製。樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1/1000程度と、断熱効果に優れた素材です。
さらに今ある窓との間に生まれる空気層が室内の熱を外に伝えにくくし、断熱効果を発揮します。
外気温の影響を受けにくい快適な室内環境を実現します。

CO2を大幅に削減。地球環境にやさしい住まいに。

インプラスを取付けることで断熱性がアップした住まいは、暖冷房が効きやすくとっても経済的。
エネルギー消費も少なくて済み、年間のCO2削減量はスギの木18本分を植えたのと同じ計算に。
地球にやさしいエコな住まいへ生まれ変わります。


インプラス・インプラスウッドは、LIXILの環境配慮設計の視点に基づき開発されました。

省エネ減税

すべての窓をインプラスで省エネ・リフォームすると減税が適用となります。


※ただし、現在の窓が次世代省エネルギー基準(平成11年基準)ではなく
リフォームすることで次世代省エネルギー(平成11年基準)になることが条件です。